企業情報/沿革/
沿革

大正8年 (1919) 右下兄弟計器製作所発足
商工大臣より計量登録の許可
昭和11年 (1936) 株式会社右下計器製作所に組織変更
昭和13年 (1938) 商工大臣より計量器製造の一切の許可を得る
昭和14年 (1939) 海外需要の拡大に伴い上海工場を建設
昭和15年 (1940) 奉天工場、北京工場を建設
台北及び天津に営業所開設
昭和17年 (1942) 海軍省より指定工場となる
同年陸軍省より陸軍指定工場となる
昭和18年 (1943) 岡山県吉備郡に岡山工場を建設
昭和23年 (1948) 終戦に伴い外地工場の接収、国内工場の操業を一時停止
昭和24年 (1949) 東洋計器株式会社と改組し操業
昭和30年 (1955) 右下計器製作所に改名
昭和37年 (1962) 資本金100万円 右下精器製造株式会社に改組し、生産活動に入る
昭和40年 (1965) JIS規格表示許可工場(JIS B 7505 ブルドン管圧力計)となる
昭和45年 (1970) 生産拡大に伴い第2工場の建設
昭和47年 (1972) 資本金1,600万円に増資
昭和49年 (1974) 初代右下関夫より2代目社長右下武良が就任
昭和53年 (1978) 東京都港区に東京営業所を開設
関東地区の拡販と技術サービス体制を確立
昭和54年 (1979) 現在地に本社工場を新築し、生産設備の改善と事務OA化に着手
昭和60年 (1985) 資本金2,400万円に増資
平成2年 (1990) 圧力計及びその周辺機器の開発のため研究所を建設
試験設備の充実を図る
平成4年 (1992) 事務及び工場の生産ラインの合理化のため、受注から出荷及びアフターサービスを含めてOA化ライン確立
平成6年 (1994) 特殊圧力計の部品製作及び加工技術の習得のため、CNC工作機械を導入
平成9年 (1997) ブルドン管圧力計の形式承認を取得
平成11年 (1999) 計量法の改正に伴い、圧力単位をKgf/cm2からPaに変更する
(社)兵庫県計量協会会長及び日本計量協会常務理事就任
平成12年 (2000) 兵庫県地域振興功労賞受賞
平成13年 (2001) 右下武良 黄綬褒章綬章
平成17年 (2005) ISO 9001:2000 認証取得
2代目右下武良より3代目右下誠一が就任
平成19年 (2007) 日本工業規格 JIS B 7505 認証取得
平成20年 (2008) 日本工業規格 JIS B 7505-1 認証取得


弊社の取得表示許可番号


●日本工業規格認証取得
認証契約締結日: 平成19年10月19日
認証番号: JQ0507048
認証の区分: ブルドン管圧力計
●登録証番号 JQA-QMA12198
ISO 9001:2000
JIS Q 9001:2000認証取得
●特定計量器型式承認番号
許可年月日: 平成7年12月19日
 特定計量器の種類: アネロイド型圧力計(機械式)
ブルドン管式(合金鋼系)
最大圧力 200.2MPa
 型式承認番号: X 959
 特定計量器の種類: アネロイド型圧力計(機械式)
ブルドン管式(銅系)
最大圧力 25MPa
 型式承認番号: X 9510